求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

就職活動ではスケジュール管理が大事

すべての時間を就職活動に使う事ができればゆとりを持って進める事ができるかもしれませんね。しかし、勉強や他の事と就職活動を両立しないといけないという事もあるかと思います。その場合には、就職活動においてスケジュール管理がますます重要になって来るという事が考えられます。

就職活動では、スケジュール管理は基本となる事でしょう。複数の会社に同時に応募する人も多い様ですが、就職活動では、面接の日程を調整するなどという事も欠かせないかと思います。もし、何らかの事情でどうしても都合が悪くなってしまった時には、速やかに会社にその旨を伝える必要があるかと思います。連絡はしっかりと行いたいですね。

就職活動や業界の構図を知るのにおすすめな本

就職活動のときに大いに参考になるおすすめの本があります。代表的なのが「就職四季報」です。就活のバイブルとも言える本で、ノウハウではなくて企業の情報が掲載されています。情報量と質が大変優れていて、エントリー企業を増やしたり知名度が低くても優良企業を探すときに役立ちます。3年後の離職率や有給消化の平均、選考の重視科目や通過率、各年代の平均賃金など表に出てなくても重要なデータが掲載されています。

約5,000社のデータが詰まっているので企業選びには欠かせない本ともいえます。「業界地図」は1社ずつの情報よりも、業界全体の構図や知識が主に掲載されています。第1志望の業界を知る時や、それ以外の魅力ある業界を探すときに役立ちます。希望している業界が不況になったときにも、対策が出来ます。

ハローワークでの就職活動について

ハローワークは就職活動において昔も今も中心的な役割を果たす機関のうちの一つとなっています。就活を行う際も、ハローワークをうまく使うことで成功に近づくことは言うまでもありません。

就職活動では、自分自身の希望と会社とのマッチングが何よりも重要ですが、ここで大切なのが職員への相談の仕方ではないでしょうか。自分のスキルや経験を包み隠さず説明したほうが、職員にとってはありがたいものです。

求人を出している会社への聞き取りもかなり詳細に行うのがハローワークの特徴ですので、しっかり職員に説明したうえで、どのような人材を望んでいるのかという、会社側の要望を踏まえ、就職活動に何を気を付ければ良いかというアドバイスの部分もしっかり職員から聞いておくことをお勧めします。

就職活動の選考基準とは

就職活動をしている時に一番気になるのが、選考基準はどうやって決められているかです。

各企業ともに主に重視をしているのが就職活動と平行して学業と社会貢献になる活動もしていたかという事です。なぜこれらを重視しているのかと言いますと、様々な経験をしてとフットワークの軽さと交流関係の多さは社会に出た時に大きな財産になると考えられているからです。

就職活動だけに専念していては視野が狭く1つの事柄しか考えられない人という認識を持たれてしまいます。選考基準とは筆記試験と同様に重んじる事は人生経験の豊富さを表した行動なのです。

就職活動のお礼メールの例文

就職活動中に、面接などの選考のあとに送るべきお礼メールについて、きっちりできているという方もいらっしゃるでしょう。しかし誤った言葉を使ってしまい、企業からイメージを落とされてしまう人が中にはいます。その中でも特にありがちな言葉が二重敬語のミスです。

どういったミスかというと、例えば『人事の○○様がおっしゃられていました~』や、『履歴書をご覧になられました際、~』などです。正しくは『おっしゃっていました』と『ご覧になりました』です。自分の打ったメールに誤った部分がないか、自分ではなかなか気づきにくいものです。学校の就職活動窓口担当者や友人など、自分以外の人に文章をチェックをしてもらうと良いでしょう。

就職活動は面接や筆記テストだけが全てではありません。細かい部分も気を抜かずに丁寧にアピールしていきましょう。

就職活動を行う際の注意点

学生気分もつかの間、人はいずれ就職活動を余儀なくされます。将来を左右する、一大行事の1つです。

就職活動の下準備を進める際に、1つ注意点があります。それは、周りに流されていないかどうかです。就活期間というのは、嫌でも人間が躍起になる瞬間を目の当たりにします。その焦りが、自分にも伝染し悪影響です。得体の知れない恐怖から逃れるため、なぁなぁで企業を判断する学生が少なからず存在します。

中途半端な気持ちで就職すると、必ずボロがでます。就職活動で大事なのは、自分は一体何を求めているのか明確にすることです。世の中には、自分の理想を実現させるために起業する若者もいます。

これも立派な就職活動であり、1つの選択肢です。就職しても良いし起業しても良い、それで満足がいくかどうかで決まります。

就職活動に関する記事