求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

熱心に行いたい就職活動

やはり就職活動は、自分の将来を決定する事もあるかと思いますので、熱心に行う様にしたいですね。やはり、いい加減に行うというのは避けたい所ですね。就職活動をしていても、時には内定をもらうまでにかなり長い時間がかかったりする事もあるかと思います。

しかし、就職活動を続けていると、より自分の希望に近い企業に入社できる可能性というのを高くする事ができるのではないかと思います。就職活動が思う様に進まない時にはがっかりしたりする事もあるかと思いますが、一喜一憂しないで、次の会社に積極的にトライしたいですね。きっと自分にピッタリの会社が見つかると信じながら就職活動を行う様にしたいですね。

就職活動を始めるにあたって準備したい一冊

正解はないといわれる就職活動を始めるとき、なにをどう始めていいのかわからなく、気持ちばかりが先走ってしまいがちになります。自分の志望が具体的に絞り切れていないときなど、とにかく手にしてみる価値のある一冊は、成美堂出版の「こう動く!就職活動オールガイド」です。

この本は、情報収集の仕方など具体的に書かれているので、就活の第一歩を踏み出す時におすすめの本です。就活の全体像が網羅されているので、内定まで参考書として活用できますが、一般的な内容なので、志望が絞れてきたら、業界の傾向に対応した本と併用すると効果的です。

就職活動における資格の大切さ

就職活動における資格の大切さは、履歴書において、その人となりの客観的な裏付けになります。

具体的な就職活動に必要な資格は、就活生実態調査ではTOEICが上位に入っています。

企業によって語学力の重要性が異なりますが、現在はグローバル化が進み、社内の公用語が英語である企業が増えてきました。それ以外はアピールのための材料になります。知識だけでは実務に直接役立たないことも多いからです。その場合は、知識だけではなく、入社後の自己研磨に貪欲である姿勢をアピールするのが就職活動では効果的になります。自己PRの客観的な裏付けにしましょう。

協調性を活かして就職活動

やはり就職活動をする際には就職活動を行う事だけに注目してしまいがちですが、面接官は就職活動の次に働くとなった時の事まで考えている場合が多い様ですね。特に仕事をするとなると、すべての社員で力を合わせて目標を達成しないといけませんので、協調性が求められる事もあるかと思います。

ですので、協調性があると思う人は就職活動でアピールすると、高く評価してもらえる事もあるかもしれません。

就職活動ではコミュニケーションができるかどうか、チェックされている事もあるかと思います。コミュニケーション能力を高めるというのは、難しい事かもしれませんが、普段からその様に心掛けてみてはどうでしょう。

新卒が行う就職活動

新卒の場合には、これまでの就職活動の経験がなく分からない事も多いかと思います。就職活動は実際に求人に応募して就活を進める中で、いろんな事を経験し分かる事もあるかと思います。

就職活動を行う際に学校や職業安定所などの機関を利用している場合には、分からない事を質問する事によって、教えてもらえる事もあるかと思います。

また、就職活動については、ネットで調べてみると知りたいと思っていた答えが見つかるという事も考えられます。重要性が高いと思われる事は、そのままにしないで、自分で積極的に調べるなどしておきたいですね。

無事に就職活動を行う事ができて、最終的に内定が決定するといいですね。

就職活動のオススメの時期はいつ?

就職活動のオススメの時期は秋ごろであり、一部の会社では次の春から働き始める予定の人材の採用活動がスタートします。

情報収集を含めた就職活動としては、具体的に会社説明会やエントリーの受付が開始されるまでに済ませておくのが理想であり、自分が興味がある業界の主な会社をリストアップしておくなどの対策が必要です。

複数の会社にエントリーして面接に臨む就職活動は正月明けからですが、基本的に個別の会社説明会に参加することで、次の選考に進める形式だから、そのタイミングを逃さないように大手の就活サイトに登録しておくといった準備を行っておきましょう。

就職活動の面接で重要視されること

就職活動は誰もが一度は経験するものだといえます。働くにはまず就活し、内定を勝ち取らなければなりません。では、面接において重要視されることとはなんでしょうか。

学歴や資格の能力のアピールはもちろん就職活動の基本としては重要かもしれませんが、能力以上に重要視されることがあります。それは人間性です。いくら能力が高くても人間性が欠けていれば仕事を任せようという気にはなりません。そして能力は後からでも補えますが、人間性は後から変えるのは難しいです。

誠実で明るい性格、素直で謙虚な姿勢、他人への思いやりなど日頃の行いを見直しましょう。そういった人間性や姿勢は面接でも自然に出てしまうものです。よりよく就職活動を行う為には人間性を磨く努力をしたいものです。

就職活動中に後悔したこと

就職活動をする上で履歴書は、書類上ではありますが、これまであなたが歩いてきた道のりが詳細につづられている重要な証拠となります。

あなた自身については、面接や試験を通して実際に企業の人事が経験の中から判断する事ではありますが、大きな会社の就職活動では、まずはこの履歴書からの書類審査が通らなければ次に進む事は出来ません。

そこで実際に就職活動の中から後悔した事は、学生時代にもっと資格を色々取っておけばよかったという思いです。やはり時間に余裕があり、じっくりと勉強する事が出来るのは学生の特権です。その間に幅広い資格を持つ事により、より就活の幅が広がる事は間違いありません。これからまだまだ時間のある学生さんは、アルバイトだけでなく、この時期にしかできない資格取得にも力を注いでほしいと願います。

就職活動はインターネットを利用しよう

現代の就職活動において、インターネットの影響は大きくなっています。就活を行う方は、ネットを最大限に活用することが成功の近道となります。

就職のエントリーなどは、すでにエージェントの就職活動サイトを利用している人は多いでしょうが、そのほかに重要なこととして受験する会社のホームページやIR情報は熟読しておくべきです。ネットであれば会社の資料はすぐに手に入ります。また、主力となる商品やサービスの基礎知識は、検索等で他社情報など業界全体のことを調べておくべきでしょう。

また、就職活動では一般常識が重要なファクターとなりますので、通信社など信頼性の高いサイトをブックマークし、ニュースに普段から触れるようにしましょう。

就職活動に関する記事