求人Navi 仕事を探して就職、転職しよう!

就職活動で大切なことは、その仕事を長く続けて働く事ができるかということです。転職を繰り返してしまうと、いつまでたっても給料は上がりにくい状況になります。採用担当者の希望をしっかりと受け止めて就職しましょう。

就職活動では自分をアピールしたい

会社の人に少しでもいい印象を持ってもらいたいと考えて、就職活動を行っている人はきっと多いと思います。就職活動では、自分を最大限にアピールする事ができればいいですね。しかし、就職活動の際にいきなり長所や短所を聞かれて答えるというのでは、思い付きで回答している事になり、いい答えが出るかどうかわからない事もあるでしょう。

そこで、就職活動を行う時には、事前に質問されそうな内容の答えを用意しておくといいでしょう。就職活動は受け身ではなく、自分から積極的に行う事が求められる事もあると思います。事前の準備は手を抜く事なく、しっかりと行っておく様にしたいですね。戸惑う事も少なくなりそうですね。

就職活動する際の適切な情報の量とは

就職活動をするうえでどれだけ優良な情報の量をもって戦うかが非常に重要です。就活する段階まできていますので今更四角の勉強をしてスキルアップするのは正直手遅れです。おすすめの本は社会人の基本マナー等が具体的に記載されている本です。

なるべく薄いもので端的に書かれているようなものがお勧めです。あまりに情報が詰め込みすぎのようなものはやめておいたほうが良いでしょう。また、会社選びもそうですが、本選びも同様、直感で決めてください。

ネットで売れ筋のものを選んだりすると他の人と同じ行動をすることになります。あまり、突飛なことをしてもいけませんが、特徴が無さ過ぎても多くの希望者の中から勝ち残ることが出来ません。なるだけ少ない量でひとつにかける思いをどれだけ伝えられるかが勝負です。

知っておきたい!就職活動のポイント

就職活動を行う際にはいくつかのポイントがあります。そのポイントを意識して就活を行うことで効果的な活動を行うことが出来るものです。

第一に、事前準備をしっかりとしておくことです。最近ではインターネットなどにおいて就職活動のノウハウ等が紹介されているため、これらを参考にして準備をしておくことが必要です。

また、インターネットの就職活動サイトの中にはエージェントが面接のトレーニングをしてくれるところも増えています。殆どが無料で行ってくれるので、これらを利用してトレーニングしておくと、実際の面接の際に緊張して思うことが言えなかったという事も避けることが出来ます。

就職活動の一次面接の意味とは

就職活動においては、企業側から選考を受ける形をとることは免れません。一般的に、新卒生が就活をする場合の選考は、書類選考、筆記試験、一次面接、二次面接です。ときには、グループディスカッションを行う企業もあります。

面接をしない会社は、まずありません。その面接の回数も、1回で終わることはほとんどないと考えたほうがいいです。一般的な就職活動でいうと、一次と二次の面接をするところが多く、あるいは三次までの面接を実施する会社もあります。

一次面接は、スクリーニングの要素が強いです。入社のための最低限のレベルに達している応募者を選ぶ出すためのものです。そして、取締役による最終選考として二次面接をするというのが、通例の就職活動における面接のあり方です。

就職活動でまず最初に始めることとは

仕事は高校、大学などの3~4年で卒業する学校とは違い、入社したらできれば65歳の定年になるまで勤めていたいものです。就職活動で好きな仕事につけたら良いのですが、そううまくはいかないものです。では自分に合った仕事とは何でしょう。

就職活動をスタートするときに自己分析は欠かせないものですが、結果に拘ってしまうと、わからなくなってしまうことも少なくありません。大切なのは自分を見つめながら、どういう職場なら続けていけるかを考えながら探すことです。

就職活動をしている期間中は、目先のカッコ良さや流行りにとらわれないようにしましょう。就活をしていると周りの人が気になって同じような仕事を無難と思ってしまいがちですが、人それぞれ性格や考え方が違うので自分に照らし合わせて、それでいいのかと問いかけることが大切です。

就職活動時の服装について

一般企業における就職活動であれば、服装は落ち着いた印象と清潔感のあるリクルートスーツが最も好ましいでしょう。スーツを選ぶ時のポイントは、ダブダブしたり窮屈な物は、それだけでその人の印象を下げてしまいます。しっかりと試着し、自分の体に合った物を用意しておきましょう。就活中はセミナーや各企業の説明会等、日程も立て込んだり続けて就職活動をする日も少なくありません。雨の日等で汚れる事も想定に入れて、最低でも2着以上は用意しておきましょう。

中のワイシャツは白を基本とし、襟や袖部分の汚れにも気を配るようにしましょう。女性の場合スカートはあまり短すぎるものは避け、椅子に座った時に膝より上に上がりすぎない事が望ましいです。男性の場合はしっかりとネクタイを締め、就職活動らしい好感の持てる着こなしが大切です。

例外としてアパレル業界を目指す方の服装は、一般企業の物とは異なります。自分の希望する企業が求めるコンセプトをよく理解し、それにあったものを就職活動では選ぶ事が重要といえるでしょう。

就職活動に関する記事